fc2ブログ

笑う古本屋

【古本屋ぐりふぉん】の古書と雑誌の通販カタログ・ブログ
カテゴリー  [ 司馬遼太郎 特集・関連記事 雑誌 ]

プレジデント -特集 できる上司、尊敬される上司/追悼特集 ありがとう、司馬遼太郎- 1996年4月号

9300.jpg
商品名★プレジデント -特集 できる上司、尊敬される上司/追悼特集 ありがとう、司馬遼太郎- 1996年4月号

補足情報★表紙:司馬遼太郎 横山明・画/第34巻第4号/プレジデント社/1996(平成8)年4月1日発行/定価951円+税
詳細情報★サイズ:A4変判軟表紙・全456頁カラー376頁・275mm×214mm×14mm・880g・第三種郵便物認可

/主要掲載項目:
【ビジネス特集 できる上司、尊敬される上司 管理職の資質を探る/頑張れ、上司!あなたがやらずに誰がやる!・他】
【マルチメディア特集 よくわかるインターネット・ビジネス/プロバイダーという新商売は儲かるか・他】
【追悼特集 ありがとう、司馬遼太郎/かくて司馬作品は戦後の国民文学になった・他】
【「大蔵省解体」を論ず/大蔵省解体をめぐる「政」と「官」の関係を解く・他】
【トピックス/東京三菱銀行の光と影・噂のバカ売れ歯磨き「アパガード」の謎・他】

/他掲載内容は画像参照

商品状態★並品 表紙少擦れ痕、小細傷、小ヨレ、少染み、裏表紙上角弱折れ目・本体341頁~456頁上角折れ目、天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★1,500円+税

プレジデント臨時増刊 -司馬遼太郎がゆく- 1997年3月号

9292.jpg
商品名★プレジデント臨時増刊 -司馬遼太郎がゆく- 1997年3月号

補足情報★表紙:司馬遼太郎 野上透・撮影/3月号臨時増刊/プレジデント社/1997(平成9)年3月1日発行/定価971円+税
詳細情報★サイズ:A4変判軟表紙・全192頁カラー16頁・275mm×212mm×12mm・640g

/カラーグラビア:
[司馬遼太郎のいる風景 家族同然の付き合いをしていた女性カメラマンが撮った巨匠の「素顔」]
[拝見、司馬遼太郎記念室 『播磨灘物語』の舞台となった姫路市の文学館にオープン]

/主要掲載項目:
【特別対談 司馬遼太郎vs山折哲雄/日本人の心には「天然の無常」が宿っている】
【みどり夫人特別インタビュー/あの人は本当に命懸けでやっていた】
【若き司馬遼太郎が書いた幻の「処世訓」集/新聞記者時代に本名・福田定一で著した『サラリーマンの金言』】
【司馬遼太郎の勉強法 数々の名作を生み出した偉大なる知性はかく育てられた/有吉伸人】
【司馬文学の名言録 主な作品の読みどころを抜粋、不巧の司馬節を堪能する/半藤一利+現代作家研究会】

/他掲載内容は画像参照

商品状態★並品 表紙少擦れ痕、小細傷、小ヨレ、開き折れ目・本体天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★1,500円+税

週刊朝日 -追悼 司馬遼太郎 日本人への遺言。- 1996年3月1日号

9284.jpg
商品名★週刊朝日 -追悼 司馬遼太郎 日本人への遺言。- 1996年3月1日号

補足情報★表紙:司馬遼太郎/第101巻第8号通巻4123号/朝日新聞社/1996(平成8)年3月1日発行/定価272円+税
詳細情報★サイズ:B5判軟表紙中綴じ・全172頁カラー36頁・256mm×181mm×9mm・240g・第三種郵便物認可

/追悼カラーグラビア:
[「街道」を愛しんだ司馬遼太郎さん]

/追悼モノクログラビア:
[特別寄稿・梅原猛「司馬文学と日本人」]
[「竜馬」を生んだ司馬さんの書斎全景]

/カラーグラビア:
[ワールドグルメが惚れた味 連載106/サロン・シェ松尾のヒラメのポアレシェリー酒酢風味]
[男の日曜日107/コロッケ]
[花浪漫 連載127/キブシ]
[おやつ自慢56/チョコレートケーキ]
[山藤章二のブラック・アングル/贋作司馬エッセイ]

/モノクログラビア:
[いつもの道いつもの場所 連載40/私とスクーター リウ・ミセキ]
[拝啓 俺が話題のキワモノ・ミュージシャン「暴力温泉芸者」です]
[東京HIV訴訟、顔なき原告団の座り込み]
[最新作「スーパーの女」に取り組む伊丹監督]
[極右ジリノフスキーのおちゃめな変装ごっこ]

/主要掲載項目:
【司馬遼太郎さん追悼大特集/最後の対談 日本人への遺言「住専問題は経済敗戦だ」 司馬遼太郎vs.田中直毅】
【司馬遼太郎さん追悼大特集/「街道」のパートナー安野光雅画伯が書き下ろす「ありがとう司馬さん」】
【司馬遼太郎さん追悼大特集/本誌歴代担当者だけが知っている司馬さんとっておきの話】
【少年ジャンプがくみあげたいじめられっ子たちの復讐の論理】
【「亡命妻」と「籠城兵士」があぶり出した金正日体制の末路】

/他掲載内容は画像参照

商品状態★並品 表紙少擦れ痕、小細傷、小ヨレ、下角折れ目・本体天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★1,800円+税

オール読物 -司馬遼太郎さん追悼 歴史・時代小説特集- 1996年4月号

9084.jpg
商品名★オール読物 -司馬遼太郎さん追悼 歴史・時代小説特集- 1996年4月号

補足情報★表紙:田島奈須美・画/第51巻第4号/文藝春秋/平成8(1996)年4月1日発行/定価777円+税
詳細情報★サイズ:A5判軟表紙・全508頁カラー16頁・210mm×144mm×27mm・490g・第三種郵便物認可

/モノクログラビア:
[追悼特集 司馬遼太郎さん名作のふるさとを訪ねる]7頁

/主要掲載項目:
【本誌登場!甦る魅惑の時代小説/司馬遼太郎 『朱盗』『おれは権現』『蘆雪を殺す』『最後の伊賀者』】
【単行本未収録歴史エッセイ/司馬遼太郎 『源と平の成立と影響』『コラージュの街』】
【幕末・近代歴史小説集/『斬奸』古川薫・『開城の使者』中村彰彦・『豊川家の春』清水義範・他】
【追悼 司馬さんと私/『あの頃のこと』黒岩重吾・『司馬サンの大阪弁』田辺聖子】
【陽春ミステリー/『人生相談は今日も行く』赤川次郎・『嘘の証明』井上夢人・『むらさき会』青山瞑・他】

/他掲載内容は画像参照

/主要掲載執筆者:
丸谷才一・田辺聖子・佐藤愛子・高峰秀子・司馬遼太郎・古川薫・中村彰彦・清水義範・嵐山光三郎・山崎光夫・伊集院静・黒岩重吾・赤川次郎・井上夢人・青山瞑・佐野洋・呉智英・荒俣宏・森村誠一・曾野綾子・平岩弓枝・内田春菊・山口椿・姫野カオルコ・安西水丸・吉村昭・他

商品状態★並品 表紙少擦れ痕、小細傷、小ヨレ、裏表紙上下角折れ目・本体天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★1,500円+税

文藝春秋 -さようなら司馬遼太郎さん- 1996年4月号

8816.jpg
商品名★文藝春秋 -さようなら司馬遼太郎さん- 1996年4月号

補足情報★表紙:「ケーキ」髙山辰雄・画/第74巻第5号/文藝春秋/平成8(1996)年4月1日発行/定価650円+税
詳細情報★サイズ:A5判軟表紙・全464頁カラー78頁・210mm×145mm×29mm・500g・第三種郵便物認可

/巻頭グラビア:
[追悼アルバム 司馬遼太郎、逝く]
[同級生交歓]
[私の大阪散歩(黒田清)]
[一枚の写真㉑ 「浅草十二階」]
[小さな大物(大宅映子)]
[マイ・ベスト・メモリアル・ショット㉝(佐々木崑)]
[白石一郎の「港 原風景 佐渡・小木」 黄金と北前船の昔日。]

/主要掲載項目:
【追悼特集 さようなら司馬遼太郎さん/『役人道について』司馬遼太郎・『浅葱裏-ある日の司馬サン』田辺聖子・他】
【大蔵官僚「天下り・資産・閏閥」全リスト/肥大化する大蔵支配構造の全貌を徹底調査! 向谷進&本誌取材班】
【東京HIV訴訟 国の犯罪の証拠が出た/「郡司ファイル」に記された厚生省の謎の変心 櫻井よしこ】
【徹底討論日本人はなぜ韓国が嫌いか/「竹島問題で反日をあおるな」田中明・「猛省せよ、日本のジャーナリスト」上坂冬子・他】
【連合赤軍「あさま山荘」事件完結篇/「あさま山荘に突入せよ!」佐々淳行】

/他掲載内容は画像参照

/主要掲載執筆者:
司馬遼太郎・廣谷鏡子・宮本亜門・兵頭長雄、オーテス・ケーリ、賀茂美則・大平和登・水野清・江川淑夫・時実新子・山崎豊子・塩田潮・土門剛・向谷進・赤坂太郎・明石康・山崎正和・井上ひさし・丸谷才一・田辺聖子・吉田直哉・鴨下信一・福田みどり・浅田彰・成毛真・佐々淳行・平尾誠二・永六輔・羽生善治・久世光彦・中島敦・山本夏彦・平岩弓枝・藤沢周平・他

商品状態★並品 表紙微擦れ痕、微細傷、微ヨレ・本体381頁上角弱折れ目、天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★1,500円+税

文藝春秋5月臨時増刊号 -完全保存版 司馬遼太郎の世界-

8808.jpg
商品名★文藝春秋5月臨時増刊号 -完全保存版 司馬遼太郎の世界-

補足情報★表紙:案野光雅・画/5月臨時増刊/第74巻第7号/文藝春秋/平成8(1996)年4月16日発行/定価922円+税
詳細情報★サイズ:A5判軟表紙・全558頁カラー36頁・210mm×145mm×29mm・500g・第三種郵便物認可

/巻頭カラーグラビア:
[素顔の司馬遼太郎さん]32頁

/モノクログラビア:
[福田定一から司馬遼太郎へ]20頁

/主要掲載項目:
【遠くて近い人/藤沢周平】
【「夫婦」の話/(司馬遼太郎夫人)福田みどり】
【だだ茫々と「いま初めて司馬作品を読む」の記/宮部みゆき】
【司馬作品を演じて/勝新太郎・平幹二朗・中村玉緒】
【私の関東地図 わが戦車連隊の帰還/司馬遼太郎】

/他掲載内容は画像参照

/掲載執筆者:
藤沢周平・高峰秀子・福田みどり・司馬遼太郎・尾崎秀樹・谷沢永一・宮城谷昌光・清水義範・宮部みゆき・橋本龍太郎・小泉純一郎・伊藤淳二・秋山富一・尾崎護・羽田孜・市川雄一・諸井虔・長岡實・榊原英資・小渕恵三・中内功・石川武・兩角良彦・八幡和郎・諸井薫・野村隆夫・勝新太郎・平幹二朗・中村玉緒・小山内美江子・伊集院静・高橋義夫・安部龍太郎・丸谷才一・永井路子・陳舜臣・山口瞳・田辺聖子・向井敏・他

商品状態★並品 表紙小擦れ痕、小細傷、微ヨレ、開き折れ目・本体天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★1,500円+税

司馬遼太郎からの手紙

8744.jpg
商品名★司馬遼太郎からの手紙

補足情報★表紙:長谷忠彦・撮影/週刊朝日12-15増刊/朝日新聞社/1999(平成11)年12月15日発行/定価781円+税
詳細情報★サイズ:A5判軟表紙・全304頁カラー32頁・210mm×150mm×17mm・395g・第三種郵便物認可

/巻頭グラビア:
[司馬遼太郎 旅の詩 短歌、俳句、色紙]カラー19頁
[三浦半島記 同行カメラマンが撮った司馬さん]カラー13頁

/主要掲載項目:
【海軍の友人、陸軍の友人へ1~13/2「正木家に見る海軍文明」・5「ミッドウェーの艦長」・10「電気と戦車」・他】
【台湾紀行14~15/14「李登輝総統への思い」・15「準ちゃんの故郷」】
【北のまほろば19~22/19「津軽と南部のハーモニー」・20「考古学と力士の故郷」・22「三内丸山とリンゴの涙」・他】
【肥薩のみち26~27/26「海音寺潮五郎さんの故郷」・27「海音寺潮五郎さんの扇子」】
【エッセー司馬遼太郎への手紙/「幕引きについての司馬さんへの返事」永井路子・「勇気をお送りください」井上ひさし・他】

/他掲載内容は画像参照

/主要掲載執筆者:
司馬遼太郎・安野光雅・黒岩重吾・永井路子・井上ひさし・津本陽・田中直毅・向井敏・他

商品状態★並品 表紙小擦れ痕、小細傷、小ヨレ・本体天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★600円+税

未公開講演録愛蔵版Ⅳ 司馬遼太郎が語る日本

8736.jpg
商品名★未公開講演録愛蔵版Ⅳ 司馬遼太郎が語る日本

補足情報★表紙:長谷忠彦・撮影/週刊朝日8-10増刊/朝日新聞社/1998(平成10)年8月10日発行/定価781円+税
詳細情報★サイズ:A5判軟表紙・全304頁カラー32頁・210mm×150mm×15mm・415g・第三種郵便物認可

/巻頭写真特集:
[司馬さんとみどりさんが撮った「街道をゆく」]カラー31頁、モノクロ16頁

/主要掲載項目:
【未公開講演録1~6/1「松陰のやさしさ(上)」・3「清正と大阪の名市長」・6「民族の原型(三)-日本の将来」・他】
【司馬遼太郎特別インタビュー/アジアにおける「公」と「私」】
【司馬遼太郎青春の習作/『饅頭伝来記』・『請願寺の狸ばやし』】
【司馬さんの控室 担当編集者が見たあの日/「濃すぎたコーヒー」「元陸軍伍長の手紙」「釜山の酒」他】
【未公開講演録7~17/7「統帥権と魔法の森」・12「秀才信仰と骨董兵器」・17「山岡鉄舟の桃太郎」・他】

/他掲載内容は画像参照

/主要掲載執筆者:
司馬遼太郎・井上ひさし・永井路子・松本健一・立花隆・向井敏・他

商品状態★並品 表紙小擦れ痕、微細傷、微ヨレ・本体3~50頁上角弱折れ目、天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★600円+税

未公開講演録愛蔵版Ⅲ 司馬遼太郎が語る日本

8728.jpg
商品名★未公開講演録愛蔵版Ⅲ 司馬遼太郎が語る日本

補足情報★表紙:長谷忠彦・撮影/週刊朝日12-10増刊/朝日新聞社/1997(平成9)年12月10日発行/定価781円+税
詳細情報★サイズ:A5判軟表紙・全306頁カラー16頁・210mm×151mm×17mm・410g・第三種郵便物認可

/巻頭写真特集:
[素顔の司馬さん プライベート写真を撮り続けた伊藤久美子さんの25年]カラー16頁、モノクロ32頁

/主要掲載項目:
【未公開講演録1~10/1「国盗り斎藤道三」・4「薩摩人の日露戦争(上)」・5「薩摩人の日露戦争(下)」・他】
【モンゴルで対談 ツェベクマ+福田みどり/草原を愛した司馬遼太郎】
【少年の日の司馬さん/ンイタビュー1「オホーツク人とわが考古学少年時代」・2「図書館で教わった本の読み方」】
【司馬さんの控室 担当編集者が見たあの日/「統帥権」「司馬さんとサムライ大使」「司馬さんの口癖」他】
【未公開講演録11~21/11「義経と静御前」・13「幕末の三藩」・21「学生運動と酩酊体質」・他】

/他掲載内容は画像参照

商品状態★並品 表紙小擦れ痕、微細傷、微ヨレ・本体113頁上角折れ目、天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★600円+税

未公開講演録愛蔵版 司馬遼太郎が語る日本

8720.jpg
商品名★未公開講演録愛蔵版 司馬遼太郎が語る日本

補足情報★表紙:長谷忠彦・撮影/週刊朝日11-20増刊/朝日新聞社/1996(平成8)年11月20日発行/定価777円+税
詳細情報★サイズ:A5判軟表紙・全306頁カラー16頁・210mm×150mm×16mm・405g・第三種郵便物認可

/巻頭写真特集:
[司馬遼太郎「出会う旅、考える旅」]カラー15頁、モノクロ30頁

/主要掲載項目:
【未公開講演録1~10 私の小説の主人公たち/1「時代を超えた竜馬の魅力」・9「敗者たちの戊辰戦争」・他】
【司馬さんの青春時代/発掘!27歳の司馬さんのユーモア小説 「国宝」学者死す】
【司馬さんの青春時代/「弾は当たらずビンタの嵐 福田戦車小隊長の満州時代」・他】
【司馬さんの控室 担当編集者が見たあの日/「高知の空と僕の竜馬」「司馬さんと数学」「司馬特製焼き飯のレシピ」他】
【未公開講演録11~23 文学と宗教と街道/11「漱石の悲しみ」・15「横浜のダンディズム」・23「孫文の日本への決別」・他】

/他掲載内容は画像参照

商品状態★並品 表紙小擦れ痕、微細傷、微ヨレ・本体113頁上角折れ目、天地小口少程度ヤケ有り
販売価格★600円+税
ブログ内検索
プロフィール

【古本屋ぐりふぉん】

Author:【古本屋ぐりふぉん】
古書通販のカタログ・ブログです。
ご注文の場合は画像をクリックしていただくと注文フォームが開きます。商品価格の総額表示は注文フォームに表示されます。商品の他面画像をご覧になる場合は「続きを読む」をクリックしてください。



【特定商取引法に基づく表示】

<お支払方法>
郵便振替(ぱるる口座・郵便振替口座)・銀行振込・PayPay銀行
<発送方法>
各種郵便(普通郵便・冊子小包郵便・レターパック・ゆうパック)





本・書籍ランキング

お知らせ掲示板
FC2カウンター
斉藤しご朗(48)の死語レッスン
言いたくないのに勝手に死語を喋ってしまうという奇病にかかった斎藤しご郎(48)。 そんな平凡な会社員斎藤しご郎と共に、死語や絶滅寸前の言葉をマスターしよう。
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
アダルトグッズ処分キット